PATTERN MADEで作る
理想の一足

PATTERN MADEで作る
理想の一足

「品質本位」を信条に掲げ、“日本人のための理想的な靴”を追求する三陽山長。その一環としてショップで展開するのが、“PATTERN MADE”と銘打ったオーダーシューズです。意外と知られていないのですが、実はこのオーダーサービス、一般的なパターンオーダーに比べて、かなり自由度の高いカスタマイズが可能。木型に補正を加えてフィッティングを細かく調整したり、ビスポーク的なこだわりのディテールを盛り込んだりと、通も思わず唸るほどの充実したメニューをご用意しています。今回は、三陽山長が誇るPATTERN MADEのすべてを、実際のオーダープロセスを追いながらご紹介いたします。

【Key Features】

■ 約50種に及ぶデザインからカスタマイズ可能
■ アッパーやソールのバリエーションが充実
■ メダリオン、コバ仕上げetc.細部も自由自在
■「パターンメイドフェア」限定のオプションも

How to Order

1.ベースモデルを選ぶ

三陽山長が展開する約50種のモデルは、すべてPATTERN MADEでカスタマイズが可能。“このモデルにこんな色があったら……”、“もう少しフィッティングを調整できれば……”といったさまざまなご要望にお応えできます。オーダーの方向性を決めるために、まずは店頭に並んでいる靴を眺めながらイメージを膨らませてみてください。

馴れた方なら
“木型から選ぶ”という手もアリ

すでに三陽山長の靴をお持ちで、お気に入りの木型があるという場合などには、
まず木型を決めてしまうのも手。
主力の木型3種をここにご紹介します。

  • R2010

    三陽山長を象徴する
    マスターラスト

    ブランド10周年を迎えた2010年に誕生し、現在の中核的木型となっているのがこちら。かかとの小さい日本人の足に合わせた小ぶりなヒールカップ、土踏まずをサポートする絞り込んだアーチ、美しい稜線を描く低めの二の甲など、三陽山長の美意識が結集されています。代表モデルはマスターピースストレートチップ「友二郎」。

  • R309

    シャープな洗練を醸す
    スクエアトウ

    こちらも2010年から展開するロングセラーの木型。R2010と同様、日本人の足にフィットし、美しく見せる設計を基本としつつ、シャープなスクエアトウを採用しているのが特徴です。ノーズは長すぎないデザインのため、あくまでクラシックにはけるのが魅力、代表モデルは「友之介」。

  • R2013

    優れたホールド感が
    特徴の木型

    R2010をベースとし、スリッポン用として開発された木型がこちら。よりヒールカップを小ぶりに、甲も低く設計することで、靴紐のないスリッポンでも高いホールド感を叶えています。ボリュームをもたせたラウンドトウも特徴で、現在はカントリー調のカジュアル靴でも採用。代表モデルは「弥伍郎」。

2.採寸・サイズ選び・木型補正

理想のはき心地を実現するために、入念な採寸を行います。一般的に、既製靴では“6” や“7”といった足長だけしか選ぶことができないため、幅広な足の方は本来より大きなサイズを選ばなければならなかったり、逆に足幅の狭い方は靴の中に空間ができてしまったりします。そんなサイズの問題を解決できるのも、PATTERN MADEならではの魅力。足長だけでなくウィズも選択でき、さらに“甲乗せ”、“幅張り”といった木型補正を加えることもできるため、最高のジャストフィットを追求できるのです。

  • 既製品では選べないウィズも
    選択可能

    ウィズは最大3種類(木型によって異なる)から選択可能。写真で比較すると、同じサイズでも幅が変わっているのがわかります。これにより、足長×幅の2方向から最適なフィッティングを導き出すことができます。

  • “甲乗せ”、“幅張り”で
    さらなるジャストフィットに

    足長・ウィズ選びだけで解決しきれない問題がある場合には、木型に補正を施すこともできます。甲が高く、靴に当たってしまう場合には、木型の甲を高くする“甲乗せ”で調整。また小指が当たる場合には幅を部分的に広げる“幅張り”を行います。どちらも一般的なパターンオーダーでは対応していない場合が多いため、三陽山長ならではのアドバンテージといえます。

3.素材選び

フィッティングが決まったら、オーダーの醍醐味である素材選びへ。三陽山長では、一流タンナーから厳選した上質なレザーを豊富に取り揃えています。アッパーはもちろん、はき心地に影響する底材やヒール材も充実。用途やスタイリングのイメージに合わせて最適な組み合わせをチョイスできます。

  • ソールの素材も
    バリエーション多彩

    靴底はレザー2種、ラバー3種をご用意。ドイツの最高級レザーソールとして知られる、「ジョー・レンデンバッハ」製のオークバーグソールもお選びいただけます。加えて、爪先側だけに薄いゴムを貼るハーフラバー仕様にしたり、トウにスチールのチップを装着したりすることも可能。見えないところまで高級仕様にこだわりたい、悪路でも歩きやすい靴にしたいなど、ご要望に応じてカスタマイズできます。

4.ディテールのカスタマイズ

非常に細かな部分までデザインをカスタマイズできるのもPATTERN MADEならではの面白さ。ソールの厚さやコバの仕上げ、ウェルト、メダリオンといったディテールをさまざまに変更可能です。ひとつひとつは微差ですが、すべて組み合わさると仕上がりにはかなりの違いが。ご自身だけのオリジナリティが凝縮された一足に仕上がります。

  • Sole

    ソールは3種類から選ぶことができます。ドレッシーな「シングルソール」、重厚な「ダブルソール」に加え、爪先側はダブル、ウエスト部分はシングルというハイブリッドな「スペードソール」にすることも可能。

  • Sole Edge

    ソールのコバ仕上げもアレンジ可能です。上はコバに三角形のエッジをつけた「ヤハズコバ仕立て」。日本独自のディテールで、キリリとシャープな印象に見える仕様です。

  • Welt

    靴のボリューム感に影響するのがウェルト。張り出しが少なく、すっきり見える「シングルウェルト」、重厚でタフな印象となる「ダブルウェルト」、水気の侵入を抑える「ストームウェルト」の3種類をラインナップしています。

  • Medallion

    靴の爪先部分に施す穴飾りがメダリオン。ブランドによってデザインが異なり、“紋章”のような意味合いも持つディテールです。三陽山長では5種類からチョイスできます。

5.完成!

約2ヶ月の製作期間を経て、あなただけのオリジナルモデルが完成します。フィッティング、デザイン、ディテールとすみずみまでこだわったオーダーシューズは、はき心地のよさはもちろん愛着の深さもひとしお。心からご満足いただける一足をお作りいただくために、スタッフも全力でサポートいたします。

Order Gallery

木型別に見るオーダーシューズ製作例

PATTERN MADEの実例を木型別に整理してご紹介。
オーダーのインスピレーションを得る参考にしていただければ幸いです。

  • Last:R2010

    正統派のラウンドトウが特徴の木型「R2010」は、クラシックなビジネスシューズからジャケパンにも合うダブルモンク、レースアップブーツなどさまざまなデザインと好相性。カスタマイズ次第でドレスシューズもカジュアルシューズも仕立てられます。

  • Last:R309

    シャープなスクエアトウ木型「R309」は、ドレッシーな靴をオーダーするのに最適。サイドゴアブーツなどスポーティな靴も、ラストの表情で非常にエレガントに仕上がります。

  • Last:R2013

    本来ローファー用の木型として生まれた「R2013」ですが、丸みを帯びたカジュアルなシェイプゆえUチップやカントリー調ブーツをオーダーするのにも最適。ホワイトなど遊びのあるアッパーもよく似合います。

Exclusive for PATTERN MADE FAIR

オーダーフェア限定の特別オプション

三陽山長各店で定期的に開催しているパターンメイドフェアの期間には、通常は選択できない特別なメニューも登場。
さらに通な一足をお求めなら、このフェア期間中のオーダーをお勧めします。

  • ハンドペイントレザー

    フェア限定のメニューとして、手仕事によって着色された特別なレザーでオーダーできます。独特のムラ感が特徴で、アーティスティックな表情の靴に仕立て上がります。

  • 9分仕立て

    ウェルトとアッパーをつなげる「すくい縫い」を手縫いで行う、ビスポークに近い製法。グッドイヤーウェルト製法に比べて、はいた瞬間から柔らかい“返り”を味わえるのが特徴で、一格上のはき心地を叶えます。

  • 小窓ネーム入れ

    靴の内側に丸い窓を開け、そこにネームを記入いたします。さりげないディテールですが、オーダーの特別感が高まるオプションです。

2020 AUTUMN & WINTER PATTERN MADE FAIR

三陽山長各店で開催される
パターンメイドフェア。
今シーズンは下記日時で
開催致します。

■9/18(金)~9/27(日) 玉川髙島屋S・C店
■10/16(金)~10/25(日) 東京ミッドタウン日比谷店
■10/19(月)-10/28(水) ミッドランドスクエア店
■10/28(水)-11/10(火) 伊勢丹新宿店
■11/20(金)-11/29(日) 日本橋髙島屋S.C.店

詳細は各店舗へ直接お問い合わせください。熟練のスタッフが細かく丁寧にご対応させて頂きます。

My Favorite PATTERN MADE Shoes

店長たちの愛用オーダーシューズ

  • 日本橋髙島屋S.C.店店長 大野喜徳 Model:「寿一郎」 愛用歴:6年

    日本橋髙島屋S.C.店店長 大野喜徳
    Model:「寿一郎」 愛用歴:6年

    「手縫いによるスキンステッチが効いたUチップブーツをベースにオーダー。アッパーはイタリアンレザーの型押しで、ハンドフィニッシュのコーヒーブラウンカラーを選びました。スペードソールで厚みと屈曲性を両立し、底周りまで茶系で揃えて柔らかな顔つきに。スーツにもジャケパンにも合う一足をイメージしています」

  • 東京ミッドタウン日比谷店店長 佐藤一信 Model:「匠之介」 愛用歴:3年半

    東京ミッドタウン日比谷店店長 佐藤一信
    Model:「匠之介」 愛用歴:3年半

    「本来ラウンドトウの『R2010』ラストが採用される『匠一郎』を、スクエアトウの『R309』ラストに変更してオーダーしました。ステッチを隠したレベルソ仕立てや一枚革のシームレスヒールなど職人的ディテールが光るモデルなので、コバもヤハズコバ仕立てにしてより手の込んだ表情に。底はスペードソールを選択しました」

  • ミッドランドスクエア店店長 池田浩輔 Model:「岸三郎」 愛用歴:今年オーダー

    ミッドランドスクエア店店長 池田浩輔
    Model:「岸三郎」 愛用歴:今年オーダー

    「ベースにしたのは、イラストレーター綿谷 寛さんとのコラボで誕生したギリーシューズ。コロンとしたシェイプを引き立てるため、スペードソールとダブルウェルトでよりボリューム感をプラスしました。既製ではホワイトスエードですが、よりシックにはけるようダークブラウンのアッパーを選んだのもポイント」

  • 玉川髙島屋S・C店店長 可知一伸 Model:「弥三郎」 愛用歴:6年

    玉川髙島屋S・C店店長 可知一伸
    Model:「弥三郎」 愛用歴:6年

    「人生初のローファーとしてオーダーした一足です。私は甲が薄くかかとが小さいため、ローファーがなかなかフィットしなかったのですが、この『弥三郎』はぴったりのはき心地でした。オーダーのポイントはアッパー。手染めのイタリアンレザーによる黒と紺のコンビで、透明感ある発色がとても気に入っています」

FAQs

気になるオーダーQ&A

Q.価格はどのくらいからできますか?

A.

既製品価格+¥22,000〜オーダーいただけます。別途オプション内容により、アップチャージがかかります。

Q.オーダーで選べるサイズは?

A.

木型によって、下記のサイズからお選びいただけます。
<Last:R2010>
Dウィズ size5.0~10.0(23.0cm~28.0cm)
Eウィズ size5.0~11.5(23.0cm~29.5cm)
※size10.5~11.5は+¥5,500
Fウィズ size5.5~10.0(23.5cm~28.0cm)

<Last:R309>
Eウィズ size6.0~9.5(24.0cm~27.5cm)
Fウィズ size6.0~9.5(24.0cm~27.5cm)

<Last:R2013>
Eウィズ size6.5~9.0(24.5cm~27.0cm)

Q.納期はどれくらいかかりますか?

A.

オーダーからお渡しまで約2ヵ月となります。

Q.どのようなデザインが選べますか?

A.

木型によって異なりますが、50を超えるモデルの中からお選びいただけます。

Q.どのような革がありますか?

A.

海外のタンナーを中心に、スムースレザー、スエード、型押しレザーなど約30種類の中からお選びいただけます。

Q.左右違うサイズで作る事は出来ますか?

A.

左右違うサイズでのオーダーはできません。小さいほうの足で木型サイズを決め、大きいほうの足に対しては木型に甲乗せや幅張りの調整をしてお作りします。

Order Price

オーダー料金

取扱店舗

東京都
愛知県

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、各商業施設の営業時間に変更がある場合がございます。
ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。